いい里 『杉平』
 

2011年4月の杉平です。 雪もかなり解けて遅い春を迎えました。
鳥谷城墓地公園の竣工式や恒例の花見会など・・・ 春の芽吹きに
負けないくらい里で暮らす人たちもだんだん活気づいてきました。 
 
 

2011年4月  
 
  この里の北側(西寄り)の山には古くからお墓も設置されていますが、お盆以外は
  人が足を踏み入れることも少なく静かなところです。
  墓地であれば春と秋のお彼岸にもお墓参りをするのが普通だと思いますが、
  雪深いこの地では春のお彼岸の頃にはまだ雪に覆われているため、雪解け直後の
  春先に行くと秋の落ち葉や冬の枯れ枝が積もっている状態です。
  見てくれる人はいなくても、カタクリや榊(姫榊)の花が咲き始めていました。
 
 


2011年4月17日  
 
  とても暖かく青空のきれいな中、鳥谷城墓地公園の竣工式がありました。
  虚空蔵菩薩さまや一葉観音(笹船観音)さまが見守る公園には東屋も完成し、
  すぐそこまで来ている本格的な春の訪れが楽しみです。
  公園の方は近々しだれ桜などの苗木を植えたり、皆さんの協力により手入れ(管理)をしていくことになります。
 



2011年4月24日  
 
  桜の方はまだ満開とはいきませんでしたが、毎年恒例のお花見会がありました。
  残念ながら外は雨模様で検校塾の中での実施となりましたが、皆さんの持ち寄ったお料理などで
  おいしく楽しいひと時となりました。
  参加者の高齢化が気になっていましたが、若い方の参加も増えてきたようでひと安心です。
 







 


戻る